2020年05月19日

悪質な詐欺が発生しております!(新型コロナウイルス感染症関連)

 特別定額給付金に便乗した詐欺について

5月11日から特別定額給付金の申請用紙が郵送されていますが、このことに便乗して電話やSNSで本市職員を装い個人情報や口座番号を聞き出す事案が発生する恐れがあります。本市から市民の皆様の個人情報や口座番号等を電話やメールでお問い合わせすることは、絶対にありません。

 

給付金関連消費者ホットライン

国民生活センターでは、「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」を5月1日から開設し、給付金に関する消費者トラブルについての相談を受け付けています。相談時間は、土日祝日を含む毎日10時~16時です。 詳しくは、国民生活センターホームページ新しいウインドウで(外部リンク)をご確認ください。

 

※特別定額給付金の手続き等に関することは、「熊本市特別定額給付金コールセンター(0570‐096‐456)」にお問い合わせください。

その他新型コロナ関連詐欺について

○本市職員を名乗り、マスクを無料配布するとの趣旨で市民宅を訪問したり電話をかけたりして、個人情報を聞き出す事案

○「水道の排水管が新型コロナウイルスで汚染されているため工事が必要」等、電話で根拠のない説明を行い個人情報や口座番号等を聞き出す事案

 ・ 本市職員から個人情報を尋ねることはありません。
 ・ 電話等で個人情報や口座番号等を尋ねられても、絶対に答えないようにしましょう。
〇注文した覚えのないマスクが代金引換えで送られてきた事案
 身に覚えのない商品が送られてきた場合は、商品を受け取る前に・・・
 ・ 商品の品名を確認し、注文した商品か確認しましょう。
 ・ 家族に確認し、家族が注文した商品か確認しましょう。

〇大手製薬会社を名乗った「社債」発行のお知らせが郵便で送られ、その後申し込んでいないにもかかわらず、電話による社債費用2千万円の支払いを求められるという事案

 ・ 悪質業者は、今話題の出来事を悪用して近づいてきます。話題性のあるニュースや事件に便乗した詐欺には十分に注意してください。

・ 投資勧誘を受けた場合には、業者の登録の有無なども確認し、契約するつもりがなければきっぱり断りましょう。

 
 まずは最寄りの警察署または消費者センター(096-353-2500)へご相談ください

 

ゆっぴー安心メール
地域の犯罪・防犯情報をタイムリーに提供するものです。※登録料及び会費は無料です。

・ 登録用空メールアドレスはこちら → k110@ansin.police.pref.kumamoto.jp

・ 詳細はこちら → 熊本県警察ホームページ

 

チラシ