市政をもっと身近に!
あなたと創る郷土の未来!

田島ゆきはるは市民の思いを市政に活かし、共に問題解決を図ることで"ずっと住みたいまちづくり"を実現いたします。

田島ゆきはるの基本方針

ごあいさつ

わたくし田島 幸治(たしま ゆきはる)は、日頃から消防団や、まちづくり委員会をはじめとする地域活動に積極的に参加しておりますが、人口減少・少子高齢化がますます進展する中、地域活動の担い手不足は深刻さを増し、地域コミュニティ機能の維持は必要不可欠な課題と実感しております。

地域活動をするにあたり、地域の抱える問題・課題は、住んでいる地域の特性によって大きく異なることは勿論ですが、解決しないまま現在に至っております。今後、10年20年このまま安心して老後を迎えられるのだろうか?子や孫の世代に自信を持って受け継ぐことができるのだろうか?自分に何ができるのだろうか?

地域の問題は地元を熟知した代弁者が必要です。だから勇気を持って33年間勤めた会社を退職し、郷土の未来のために声をあげ行動する決断を致しました。

お知らせ

経 歴

昭和42年2月23日生まれ
昭和54年熊本市立龍田小学校校卒業
昭和57年熊本市立東部中学校卒業
昭和60年熊本県立菊池農業高等学校卒業
南九州コカ・コーラボトリング株式会社入社
平成30年コカ・コーラボトラーズジャパン
セールスサポート株式会社退社
令和元年熊本市議会議員(北区)初当選
 
龍田2町内自治会副会長
熊本市消防団25分団 団員
龍田校区特別委員

ずっと住みたい
まちづくりの基本方針

障がい者、女性、高齢者が
共に活躍できるまちへ

  • 障がい者雇用施設の充実(障がい者の自立支援)
  • 隠れ待機児童ゼロの取り組み(働く女性の子育て支援)
  • 高齢者の雇用と健康を促進(事業の多角化を支援)

地域経済の活性化による
豊かなまちへ

  • 企業誘致による雇用を促進(若い世代の移住)
  • 農業の従事者減少と高齢化対策(販路の拡大)
  • 豊富な自然と歴史を活用した観光ルートの創造

安全で安心して暮らせるまちへ

  • 防災、防犯の地域活動を活性(地域防災力の向上)
  • 地域コミュニティの活性化(次の担い手育成)
  • 通学路の安全対策を拡充(子どもを安心して送り出せるまち)

慢性化した交通渋滞のないまちへ

  • 公共交通機関の利便性を向上(自動車より便利な移動手段)
  • 渋滞個所の部分立体化(国道57号東バイパス・国道3号北バイパス)
  • 熊本市の北の玄関口の整備(国道3号植木バイパスの早期開通)

市民が市政に参加できるまちへ

  • 対話のできる環境と機会をつくることで市民の声を市政に反映します